専門医に聞いた脳ドック結果の見方

専門医に聞いた脳ドック結果の見方

現在の日本人は以前よりも長生きするようになりました。それに伴って増えて来ている病気が脳卒中などの脳の病気です。脳の病気は多くの人が命を落とすだけでなく、助かったとしても大きな後遺症に悩まされることも多いため、非常に怖い病気です。最近では脳ドックを行う病院が増えてきたため、利用することで病気の予防や生活指導を受けることができます。脳ドックを受けた場合の結果の見方について説明します。脳ドックの主な内容はMRIやCTなどによる画像診断が主なものになります。そのため、一般の人には専門的な知識がないために判断するのは難しいところです。検査後には必ず医師からの説明があるため、それを参考にして結果を理解するようにすると良いでしょう。画像に見られた異常も医師の説明を聞きながらであれば一般の人にも理解は可能です。また検査後には総合所見がもらえる場合がほとんどなため、その内容を参考にして現在の状況を把握し、日常生活での注意点などを守るようにすると良いでしょう。

脳ドック結果が要精密検査だったら

脳ドックは脳の中に発症する病気などを早期発見することができる検査です。脳ドックを受けた後、検査結果が届きます。検査結果には正常、経過観察、再検査、精密検査で示されることが多く、要精密検査と通知されることもあります。この場合、不安に感じるかもしれませんが医師の指示通り再検査や精密検査を受けて病気ではないかどうかを確認することが大切です。脳ドックに限らず検査をする際には、何らかの異常がある場合には詳しく調べる必要があるため、その異常が小さくても要精密検査という扱いにされます。精密検査で、そのなんらかの異常は将来的に病気を発症するものなのか、すでに発症しているものなのか、その病気はなんなのかを調べます。要精密検査の結果が出たからと言って、病気を発症しているとは限りません。なんらかの異常があっても経過を見ながら発症を防ぐこともできますし、病気であってもすぐに治療に取り掛かることができるのです。不安がらずに早めに受信することが大切です。

脳ドックを受け始める年齢

脳ドックを受け始める年齢

脳ドックを受け始める年齢は、特に決まってはいません。気になる方であれば、若いときから定期的に検診を受けることがおすすめです。しかし、年齢が40歳を過ぎた際には出来るだけ脳ドックを受診した方が良い、ともされています。これは、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などといった脳に関わる病気へのリスクが高まる年齢でもあるためです。また、若いときは健康に過ごしていたし今も元気だから平気だと考え、身体の衰えに気付いていない人も多くいます。前述したような病気は、進行していても気づきにくい場合もあり、発症してしまうと命に関わる危険性もあります。そのため、早期発見することで出来るだけ早めに治療をすることが、重要だと言えます。健康だと思っている人であっても、きちんとした検査を受けることはとても大切なことなのです。特に30代や40代の働き盛りの男性や女性などは、自分のことをおろそかにしがちなので、自分のためや家族のためにも一度脳ドックを受けてみることをおすすめします。

脳ドックの受診と年齢

脳梗塞は脳血管疾患の代表で、生命に直接関わる重篤な病気です。
脳梗塞には、全く症状のない無症候性脳梗塞というタイプがあります。この無症候性脳梗塞は発見するのが困難とされていたのですが、現在では脳ドックで発見が可能です。
脳ドックというのは言ってみれば脳の健康診断で、脳や血管の病気を初期の段階で発見したり病気になりやすい要因を見つけて予防を講じるための検査です。人間ドックでは脳血管疾患の検査項目はないので、オプションで受診するのが一般的になっています。脳ドックを受けるべき年齢というガイドラインは特になく、若い人でも積極的に受けるのが理想です。特に家族や近親者に脳血管疾患にかかった人がいたり頻繁に頭痛が起こる、また肩こりがひどく吐き気を伴うといった経験のある人には必ず受けて欲しい検査です。実際に最近では30代ぐらいの若年層の人も脳の健康診断に関心を寄せています。
これには生活習慣病といった考え方が浸透してきたという背景もあり、かつては50代の病気のイメージがあった動脈硬化や脳梗塞のことを真剣に考える若い人が増えています。

脳ドックで異常が見つかった場合

脳ドックで異常が見つかった場合

脳ドックは主にMRIやMRAを使って脳の中の血管の状態を画像で見て検査を行います。MRIやMRA検査は横になっているだけで検査を受けることができ、痛みなどもありません。脳の疾患や血管の異常を発見することができるので、脳ドックを受けることによって脳卒中や脳梗塞などの病気を早期発見、早期治療または病気が発症するのを予防することができます。また生活習慣病を早期に発見したり、予防することにも効果があるものです。脳ドックを受診して何か以上が見つかった場合、精密検査を受けるように言われることがあります。検査機器は進歩しているため、小さな異常も発見できるようになりました。そのため何か異常があれば詳しく調べて、経過を見るようにするのか治療や手術を行っていくのかを専門医が判断します。例えば脳動脈瘤が見つかったとしても、破裂してくも膜下出血を起こす確立はとても低いものです。そのため過剰に不安がる必要はありません。

脳ドックを受ける時の注意ポイント

人間ドックのオプション検査に、子宮がん検査や乳がん検査とならんで脳ドックがあります。この脳ドックは脳と血管の健康診断です。脳ドックでは、血液を調べたり心電図の検査、眼底の血管検査、動脈エコー、MRI検査などが行なわれます。
これらの検査でわかることは、コレステロール値や心電図などから血管の健康状態を知ることができ、また血管の中に将来的に破裂のおそれがある動脈瘤を発見することもできます。特に磁気を使った機器で脳の断層写真を撮影するMRI検査では、無症候性脳梗塞といって症状がない初期の脳梗塞の発見が可能です。
MRIでは強力な磁気を使いますので、磁気に反応したり検査に影響を与える金属には注意が必要です。脳ドックの流れの最初には問診があって、ペースメーカーなど体内に金属を埋め込む手術経験の有無が問われます。
歯の矯正中やインプラントも事前に確認が必要なポイントなので、該当する人は受診先の医療機関に相談しておきます。

 

脳ドックの予約はマーソ(MRSO)でお得に!

脳ドックをおすすめしたい季節

脳ドックをおすすめしたい季節

脳ドックは、脳梗塞や動脈硬化などの脳血管の病気を早い段階で発見したり、これらの病気にかかりやすいリスクを調べて生活習慣上の指導などで予防に役立てるために行なわれます。通常は人間ドックのオプション検査になっていて、申し込みをすると受診できます。
脳ドックでは、血液中のコレステロール値や脂肪酸値を検査したり、動脈の状態を心電図や頚部エコー検査で調べたりします。また脳の血管に一番近い眼底の血管も検査の対象項目です。さらにMRIという磁気を使った機器で脳の断層写真を撮影し、病変を見つける検査も受けることができます。
脳ドックの受診についてはいつから受けるのが適切かといったおすすめ年齢は特になく、早期の受診が安心です。実際、生活習慣病への関心の高まりもあって30代の方の受診も増加傾向にあります。
季節という点では、脳ドックを受けるのにおすすめの季節があります。それは冬の寒い時期です。寒い時期には暖かい部屋から寒い浴室に急に移動した時などに起こる血管の収縮や血圧の急な変動、いわゆるヒートショックの危険性が高まるからです。
血管の状態や血圧などの検査を受けておけば、ヒートショックから命を守ることも可能です。

脳ドック施設ランキングについて

現在では国全体の医療費の高騰が大きな社会問題になっています。さらに病気の早期発見によって怖い病気でも治療ができるということから予防的な医療が重要とされています。予防的な医療の重要性は一般の人にも浸透してきており、人間ドックや脳ドックを受ける人は増えてきています。特に脳ドックは脳卒中や認知症の危険因子を早期発見することができる検査として注目されています。興味がある場合にはランキングを参考にするといい病院を見つけることが出来ます。最近では病院のデータを検索できるサイトがあり、検査を受ける地域と希望する検査内容を選択するだけで、予約ランキングを見ることが出来ます。上位の病院は多くの人が利用していることになるため、いい検査が受けられる可能性が高いということが出来るでしょう。また、このようなサイトを利用すると大きな割引を受けられる特典があります。中には半額以上の割引をしてくれる病院もあるので上手に利用したいところです。