脳ドックで異常が見つかった場合

脳ドックで異常が見つかった場合

脳ドックは主にMRIやMRAを使って脳の中の血管の状態を画像で見て検査を行います。MRIやMRA検査は横になっているだけで検査を受けることができ、痛みなどもありません。脳の疾患や血管の異常を発見することができるので、脳ドックを受けることによって脳卒中や脳梗塞などの病気を早期発見、早期治療または病気が発症するのを予防することができます。また生活習慣病を早期に発見したり、予防することにも効果があるものです。脳ドックを受診して何か以上が見つかった場合、精密検査を受けるように言われることがあります。検査機器は進歩しているため、小さな異常も発見できるようになりました。そのため何か異常があれば詳しく調べて、経過を見るようにするのか治療や手術を行っていくのかを専門医が判断します。例えば脳動脈瘤が見つかったとしても、破裂してくも膜下出血を起こす確立はとても低いものです。そのため過剰に不安がる必要はありません。

脳ドックを受ける時の注意ポイント

人間ドックのオプション検査に、子宮がん検査や乳がん検査とならんで脳ドックがあります。この脳ドックは脳と血管の健康診断です。脳ドックでは、血液を調べたり心電図の検査、眼底の血管検査、動脈エコー、MRI検査などが行なわれます。
これらの検査でわかることは、コレステロール値や心電図などから血管の健康状態を知ることができ、また血管の中に将来的に破裂のおそれがある動脈瘤を発見することもできます。特に磁気を使った機器で脳の断層写真を撮影するMRI検査では、無症候性脳梗塞といって症状がない初期の脳梗塞の発見が可能です。
MRIでは強力な磁気を使いますので、磁気に反応したり検査に影響を与える金属には注意が必要です。脳ドックの流れの最初には問診があって、ペースメーカーなど体内に金属を埋め込む手術経験の有無が問われます。
歯の矯正中やインプラントも事前に確認が必要なポイントなので、該当する人は受診先の医療機関に相談しておきます。

 

脳ドックの予約はマーソ(MRSO)でお得に!